ブランドストーリー

肌にいいものだけで化粧品は作れないのかな?それが化粧品づくりのスタートでした
  • 美容成分をこんなにたくさん?

    アマルディアのオールインワンゲルを最初に作るとき、ある化粧品会社の研究員の方に言われた言葉です。「○○社の20倍の量ですよ?」

    え?同じくらいのお値段の化粧品なのに?そんなに薄くしか美容成分入ってないの?驚いてしまいました。そしてさらに驚くことを知ってしまいます。

  • 使用感とコストを優先?

    「合成のものを入れれば、こんなに美容成分入れなくても使用感よくなるし、コストも安く済みますよ♪」研究員の方の悪魔のささやき・・・。

    なるほど。多くの化粧品には「使用感」をよくする目的で配合されている成分があります。ジメチコンなどのシリコンや鉱物油(ミネラルオイル)です。

  • 一瞬肌がよくなったように感じる?

    そういった合成油を使うと、肌はビニールに覆われたように『ツルツル』『ぷるぷる』になります。一時的にシワが消えたようにも感じられます。「若返ったわ~!」と勘違いしてしまうかもしれません。

    でも美肌効果があるわけではありません。肌をコートして即効的にツヤっと見せ、ぷるんとしたように感じさせてくれる大変便利な成分ですが、実は肌をコートして密閉 しすぎるため、毛穴が詰まりやすく黒ずみ角栓やニキビなどのトラブルになったり、肌自らが潤う力をなくし、ますます乾燥させてしまうのです。

    肌はコートされていますから、美容成分も浸透しづらくなります。美白成分が配合されていても浸透しなかったら効果は発揮されません。

    長く合成油を使っていた肌はすぐにわかると、エステシャンの方は言います。「全然美容液とかが浸透しないんですよ」と(>_<)

  • 肌に悪い成分なのに…

    即効的な使用感を求める声に応えるため、肌によくないとわかっていながらも配合される。私たちの肌は気がつかないうちに、自ら潤う力をなくし、乾燥肌、老化肌、敏感肌、肌荒れ、吹き出物・・・とトラブルをかかえていってしまうのです。

    そして信じがたいですが、それらは無添加を謳っている化粧品や安心な信頼のあるドクターズコスメや薬用化粧品などにも、よく配合されている成分なのです。

  • アマルディアの決意

    そのときから私は決意しました。アマルディアではどんなに原料コストがかさもうと、即効的な見せかけをよくするためだけの成分は、一切使用しないと。本当に肌にいいものだけで化粧品を作りたいと。

    それがアマルディア化粧品づくりのスタートでした。

商品イメージ アロマクレイウォッシュ モイスチュアゲル アマルディアこだわりの無添加

メッセージ

アマルディア商品
アマルディア化粧品は、
2005年11月に誕生したスキンケアブランドです。
「Amor愛」「Dea女神」から
「Amordea~女神からの愛」と名付けました。
最新美容成分を贅沢にふんだんに使いつつも、
肌に優しいベース素材とオーガニックアロマにこだわる。
日常のシンプルケアで最高の肌を手に入れるためには、
品質に妥協は許さない。
クオリティコンシャスなスキンケアブランドです。
ナチュールアロマテラピー代表 兼 開発者

加藤 理恵
RIE KATO

1967年2月26日生まれ。株式会社ナチュールアロマテラピー代表。
米系企業OL時代、アロマテラピーと出会い、天然の植物の香りが持つ深い世界に惹かれ、2002年「アロマテラピーでキレイになる!」ナチュールを設立。
心と体の両面からの美しさをかなえるアロマテラピーライフスタイルを提案。
その後、「ココロもお肌も美しくなる」アロマスキンケア商品を開発。プライベートでは一娘の母。

  • ブログ
  • Facebook

加藤理恵 著書

肌がキレイな人の72のレシピ(現代書林)出版
肌がキレイな人の72のレシピ
(現代書林)出版
7日で7歳若くなる美肌メソッド(現代書林)出版
7日で7歳若くなる美肌メソッド
(現代書林)出版
アロマテラピーを楽しむ生活(新星出版社)出版
アロマテラピーを楽しむ生活
(新星出版社)出版
  • 2013年肌がキレイな人の72のレシピ(現代書林)出版
  • 2010年7日で7歳若くなる美肌メソッド(現代書林)出版
  • 2005年ナチュールスキンケア第一号「ホワイトアクアゲル」を発売
  • 2002年アロマテラピーを楽しむ生活(新星出版社)出版
  • 2002年長年勤めていた外資系企業を退職、アロマテラピー製品を扱うナチュールアロマテラピーを設立